子供を怒る基準について

子供の教育をするにあたり、自分たちのミスによって起こってしまったトラブルで子供を起こらないようにしています。例えば、先日テーブルの上に並べるためにお皿を置いてあったのですが、子供がそのお皿をそれぞれ座る場所に置こうとし、1枚のお皿を割ってしまいました。確かに「お皿を割った」ということで怒るべき内容なのかもしれませんが、そこにお皿を置いておいたのは私ですので、私のミスだと思うのです。子供は自分なりにお手伝いをしようとしてくれたのですから、怒りませんでした。確かに終わってしまったお皿は帰ってこないのですが、ここでお皿を割ったことに関して怒ってしまえば、お手伝いをしてくれなくなってしまうかもしれないからです。
このように、子供は善意で何かしようとしているにも関わらずうまくいかない、ということがあります。しかし、それが善意ならば怒るべきことではありませんし、逆にそれで起こってしまったらそれは大人の都合になってしまうと思うのです。
また、子供はあらゆるものを手に取って触れてみて遊びたがることがあります。例えば、台所で料理をしていると気がついたらジャガイモがなくなっていたり、ニンジンがなくなっていたり、そしてリビングルームに行ってみると子供がそのジャガイモやニンジンで遊んでいたりするわけですが、それも怒らないないようにしています。
確かに、材料を持っていかれてしまうと料理も遅くなりますし、見つけなければいけないので困ってしまうのですが、それでも、起こるほどのことでは無いように思います。確かに料理をしているときはキッチンでうろうろされると危ないですし、材料を持っていかれると困るは困るのですが、本人は好奇心で遊んでいるわけですし、決して危険なことをしているわけではないのででも怒らなくて良いのではないかと思っています。
基本的に、子供が起こるのは危険な時だけかもしれません。しかし、常に怒ってしまうと子供は怒られることになりますから、大切な時だけ怒った方がその危険さを学ぶのにも良いのではないかと思っています。

子供の教育をするにあたり、自分たちのミスによって起こってしまったトラブルで子供を起こらないようにしています。例えば、先日テーブルの上に並べるためにお皿を置いてあったのですが、子供がそのお皿をそれぞれ座る場所に置こうとし、1枚のお皿を割ってしまいました。確かに「お皿を割った」ということで怒るべき内容なのかもしれませんが、そこにお皿を置いておいたのは私ですので、私のミスだと思うのです。子供は自分なりにお手伝いをしようとしてくれたのですから、怒りませんでした。確かに終わってしまったお皿は帰ってこないのですが、ここでお皿を割ったことに関して怒ってしまえば、お手伝いをしてくれなくなってしまうかもしれないからです。
このように、子供は善意で何かしようとしているにも関わらずうまくいかない、ということがあります。しかし、それが善意ならば怒るべきことではありませんし、逆にそれで起こってしまったらそれは大人の都合になってしまうと思うのです。
また、子供はあらゆるものを手に取って触れてみて遊びたがることがあります。例えば、台所で料理をしていると気がついたらジャガイモがなくなっていたり、ニンジンがなくなっていたり、そしてリビングルームに行ってみると子供がそのジャガイモやニンジンで遊んでいたりするわけですが、それも怒らないないようにしています。
確かに、材料を持っていかれてしまうと料理も遅くなりますし、見つけなければいけないので困ってしまうのですが、それでも、起こるほどのことでは無いように思います。確かに料理をしているときはキッチンでうろうろされると危ないですし、材料を持っていかれると困るは困るのですが、本人は好奇心で遊んでいるわけですし、決して危険なことをしているわけではないのででも怒らなくて良いのではないかと思っています。
基本的に、子供が起こるのは危険な時だけかもしれません。しかし、常に怒ってしまうと子供は怒られることになりますから、大切な時だけ怒った方がその危険さを学ぶのにも良いのではないかと思っています。
とりあえず、子育てがひと段落したら、この女性に人気の資格ランキングを参考にして、何か資格でも取って再就職しようと考えています。

子供への叱り方

子育てをしていると、叱らなければならない場面が必ず出てきます。
いつもにこにこ笑顔で子どもと過ごしたいですが、やはり危険な事をした時などには叱ることも必要です。
そんな時に、私が心掛けていることを紹介します。

まずは、感情的に怒らないということ。
ついつい大声で叱ってしまったり、感情に任せて物凄い勢いで怒ってしまうのですが、そのように怒ってしまうと、子どもは怒られている!お母さんが怖い顔をしている!先生がなんだか怖い!ということに気持ちが反れてしまい、なぜ怒られているのかを考えることが出来ず、ただただ恐怖を感じるだけ・・・ということになりかねません。
従って、私は叱る時にはあえて静かに伝えるようにしています。
子どもと同じ目線に腰を降ろし、両手をとり、目を見て、なぜ怒っているのかをしっかりと伝えます。
そうすることで、子どもの中に話がすっと入っていき理解してくれることが多いです。

もちろん、とっさに大声を出して止めなければならないような事もあります。
親や先生も人間ですから、感情に任せておもいっきり怒ってしまう事だってあります。
子どもが泣いて反省するくらい、叱らなければならない時もあります。
そんな時は、叱った後にこのことだけは必ず伝えるようにしています。

「お母さん(先生)は、○○ちゃんのことが嫌いだから怒ったんじゃないよ。○○ちゃんのことが大好きでこうなって欲しいから怒ったんだよ。○○ちゃんなら、できると思うから言ったんだよ。できないなって思っている子には言わないよ。お母さん(先生)は○○ちゃんのこと大切に思っているからね。」

このように伝えることによって、子どもも安心して話をきくことが出来るだけでなく、叱ることによっても信頼関係が高まっていくのではないかと考えております。

もちろん毎回毎回丁寧に叱り、伝えることは難しいとは思いますが、少し怒りすぎてしまったな・・・という時や、このことだけは必ずしっかりと伝えたいときなどには、この方法を実践できるように心がけております。